各社の生命保険、医療保険、損害保険、自動車保険などを取り扱う募集代理店です。

お問い合わせフォームへ移動する
よくある質問へ移動する
フリーダイヤル0120-30-2211
受付時間:9:00〜17:30
フリーダイヤル0120-30-2211
086-231-2480
事故の際の対処法
ご利用くださったお客様からの生の声もご紹介いたしております。

投稿日付

2017.06.02.(金)

火災保険の補償内容「破損・汚損」って?

火災

再投稿、

住宅の火災保険」について述べたいと思います。

 

マイホーム購入時に加入した火災保険、コーポやマンションを賃貸契約した時に加入した火災保険。。。

「さて??加入はしているものの、どんな事故をカバーしてくれるものなのか??」

「火災」=「火事」。燃えたりした時に使えるんだろうなあ。。。

 

保険の対象は「建物」と「家財」。どちらか単独でも、両方に掛けることも可能です。

基本の補償は、①火災、落雷、破裂、爆発と②風災、雹災、雪災で、

これに、③水ぬれ、④盗難、⑤水災、⑥破損・汚損 の補償をプラスできます。

なお、地震・津波・噴火およびこれらに付随する火災事故は、地震保険を付加していないと対応できません。

 

時々「うちはオール電化で火を使わないから大丈夫!」と聞きますが、もらい火したときのリスクは?

日本には失火責任法という法律があって、火元がわざとだったり重大な過失などの理由がない限り、被害者への賠償義務を免れるのです。つまり、もらい火になった場合、火元からは何も賠償してもらえない場合があるのです。

 

 

さて、補償のなかにある破損・汚損って??

「ご自宅や家財が火災にあった場合だけでなく、不測かつ突発的な事故で壊した場合・汚した場合まで補償します」

 

例えば、

誤ってコーヒーをこぼして、自宅内にあるパソコンを壊してしまった

掃除中、液晶テレビをテレビ台から誤って落としてしまった

つまり

偶然・急激・外来の事故によって誤って破損させてしまった場合、修理費(修理不可能な場合は同等新品購入費)が支払われるということです。

 

ちなみに我が家では、長男がパソコン本体のUSB端子を、ドライバーでホジホジしてダメにしてしまい、保険を使って修理しました。。。などなど大活躍!

 

 

補償の内容を吟味して火災保険に加入することにより、保険料は若干高くなるかもしれませんが、

使える(役に立つ)保険になります。

まあ、「破損・汚損での小さな損失は気にせず、その分の保険料を節約する」という考えもありですけどね。。

 

あと、「この冬の大雪積雪で、カーポートの屋根などが壊れた」という損害が多くありましたが、雪での損害、雪災はほとんどの火災保険で対応できますので、ご心配なく!

それと、竜巻も風災で対応できますので!

 

 

皆様も、火災保険に限らず、様々な損害保険や生命保険に、毎年(毎月)少なからず保険料を払っていると思います。

その保険が「どんな時にいくらの補償(保障)があって、期間はいつまであって、いくら保険料を払っているのか

しっかり認識できていないとしたら、非常にもったいないことですね。

保険会社は、お客様からの請求がなければ保険金を払いませんので。。くれぐれもご注意を!

 

気になった方は西日本総合保険サービスまで。。。

 

 

西日本総合保険サービス 保険は目に見えない形のないものですが、ご契約者様の「愛と想い」が詰まっています。その見えない大切なものを守り続けるという使命感を持って、お客様が保険を選ぶお手伝いをさせていただいています。

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事«

次の記事

ページトップへ戻る